オータクログ

コーヒー・筋トレ。自分で調べて実践したことの備忘録です。

【コーヒーにハマりすぎた人へ】イベントでコーヒーの販売を始めるためにすること。

f:id:osetakuya:20190818154302p:plain

※この記事は2021/07/04に更新しました。

 

この記事は、これからイベントでコーヒーの販売を始めようと思っている方向けに、販売を始めるまでにやることを解説している記事です。

 

「趣味でコーヒー淹れてんだけど、美味しくなってきたから販売してみたいなぁ。できるのかなぁ」

 

そんなことを考えているみなさんこんにちは。

徳島でコーヒーの移動販売をしているオータクです。 

 

実はこれ、コーヒー販売を始める前の私が考えていたことです。

その後いろいろなところから情報を仕入れて週末コーヒー屋を始めるにいたります。

 

そこでこの記事では、コーヒーを趣味にしている方が、知識0の状態から移動販売を始めることができるようになるために、何を決めて、何をしないといけないのかをまとめました。

 

やるべきことは意外とシンプルで難しいことは何もないです。

コーヒーの移動販売を始めようと思っている方は、是非ご一読ください。

 

 

販売するものを決める

f:id:osetakuya:20190607191743j:plain

まずは売るものを考えていきます。

 

なぜなら、売るものによって取得する許可が変わってくるからです。

 

例えば、

  • コーヒー等ドリンクだけを販売するのであれば「露店喫茶店営業許可」
  • コーヒー以外にその場で調理する食べ物(ハンバーガーとかホットドックとか)がある場合は「露店飲食店営業許可」

等があります。

なのでまずは、何を売るのかを明確にしましょう。

 

焙煎したコーヒー豆の販売のみであれば、許可はいらず届出を行うだけで販売を始められますよ。

o-takulog.hatenablog.jp

  

どうやって販売するのかを決める

f:id:osetakuya:20190607192140j:plain

次に、どうやって売るかということを考えます。

 

どうやってというのは、テントを張って「屋台」形式で販売するのか、車に調理施設を乗せる「キッチンカー」形式で販売するかということです。

 

これをこの段階で決める理由は、売るものを決めるのと同じで、どうやって売るかでも取得する許可か変わるからです。

 

とはいっても、

いきなりどっちか決めろ!

と言われても決められないと思うので、私が思う屋台とキッチンカーのメリット、デメリットを書いておきます。

 

屋台形式のメリット、デメリット

屋台形式は、キッチンカーと比較すると初期費用が少なくすむので始めやすいのが特長です。しかし販売の度に設営、片付けの作業が入るので少し手間は増えます。

 

キッチンカー形式のメリット、デメリット

逆にキッチンカーは初期費用はかかりますが、準備、片付けの作業はとても楽です。

あとキッチンカー自体がかわいかったりかっこよかったりするので、お客様に好印象をもってもらいやすいように感じます。

 

許可を取得する

f:id:osetakuya:20190607194114j:plain

ここまで決めたら、許可の取得のために動いていきます。

 

管轄の保健所に相談

まずはお住まいの地域を管轄する保健所に「こういうものをこういう方法で売りたい」という旨を相談します。


なぜ相談しないといけないかというと、許可取得のために必要な申請書や必要なものは、お住まいの地域によって変わってくるからです。

 

「ネットで調べたらこうだったから」という風に自分で判断して進めずに、保健所に相談するのが一番の近道です

電話なり、直接訪問するなりしてまず相談しましょう。

 

お住まいの地域を管轄する保健所を調べる時はこちら→保健所管轄区域案内

 

必要なものをそろえる

次に許可申請に必要なものをそろえていきます。

 

保健所に相談し、どの許可が必要かを聞きましょう。

その時に、その許可を取得するのに必要なものも教えてもらえます。

 

主に、

  • テントやポリタンク等の物品
  • 申請する際に必要な書類

が必要なものになります。

 

「物品が足りない!」や、「書類不備!」にならないように、確認しながら確実にそろえていきましょう。

 

許可申請に必要なもの以外でこれは買って良かったと思うものをまとめてみました。

o-takulog.hatenablog.jp

 

許可申請

必要なものがそろったら、管轄の保健所に許可申請をします。

 

申請はその場で終わる場合や、後日チェック等いろいろ自治体によって違いますのでよーく確認してください。

 

許可取得

申請が通ったら無事許可取得になります。

何かしらの原因で通らなかった場合でも、訂正して再度申請すればいいので安心してください。

 

許可証は後日送られてくる場合や、取りに来てくださいという場合があります。

取りに行く場合忘れずに取りに行きましょう。

 

コーヒーを売る場所を探す

f:id:osetakuya:20190607194317j:plain

無事に許可を取得できたら次は売る場所を探します。

 

ここでは移動販売で売ることができる場所の一例を紹介します。

 

イベント、マルシェ

一番始めやすいのが、イベントやマルシェでの販売です。

 

なぜなら、イベントやマルシェでは出店者を募集しているケースが多いからです。

 

インターネット上で出店者募集をしているイベントに関しては、「○○(住んでいる地域名や都道府県) イベント 出店」や、「○○ マルシェ 出店 募集」等で検索すると見つけることができます。

 

見つけたら早速申し込んでみましょう。

はじめはこの方法が一番始めやすいかと思います。

 

徳島県で毎月定期的に開催されているマルシェをまとめてみました。

o-takulog.hatenablog.jp

  

スーパー、道の駅等の駐車場や空きスペース

スーパーや道の駅に、移動販売車や屋台形式で販売している人たちを見かけることはありませんか?

あれも、売る場所の1つの候補です。

 

ただ、イベントやマルシェのようにインターネット上で募集しているケースは稀です。

自分から営業をかけないと、なかなか場所を確保することは難しいでしょう。

 

お店の軒先

お店の軒先で販売するケースもあります。

 

これも営業をする場合もありますし、知り合いのお店の前を借りる場合もあります。

 

今はお店の軒先を貸したい人と借りたい人をつなげるマッチングサービスもあります。

business.nokisaki.com

こちらを利用する方法もあります。

 

路上で販売してもいいのか

「道路や歩道で販売してもいいの?」という言葉をたまに聞きますが、これはダメです

 

道路や歩道で販売をする場合は「道路使用許可」が必要になります。

地元の花火大会やイベントで許可が降りることはあっても、個人の移動販売で道路使用許可が出ることはまずないです。

 

無許可営業は絶対にやめましょう

 

イベントでコーヒーの販売を始めるためにすることまとめ

f:id:osetakuya:20190607194358j:plain

ここで、コーヒーの移動販売を始めるためにやることをまとめます。

  • 売るものを決める
  • どうやって売るのかを決める(屋台orキッチンカー)
  • 許可を取る(保健所に相談→必要なものをそろえる→許可申請→許可取得)
  • 売る場所を探す
  • 移動販売開始!

文字にすると長いですが、やってみると案外簡単に終わります。

ずぼらな私にもできたんですから(笑)

 

コーヒーの移動販売は、1つの仕事をしているだけでは出会えないような人に出会えたり、お話ができたりするのでめちゃくちゃ楽しいです。

 

コーヒー好きで、副業を探している方のお役に立てれば嬉しいです。

 

長い文を読んでいただいてありがとうございました。

 

徳島県のマルシェで「EncounterCoffee」という名前で自家焙煎コーヒーを販売しています。

コーヒーのことや副業のことなど、「話を聞いてみたい!」ということがあれば、私の分かる範囲でお答えしますので遊びに来てもらえたら嬉しいです!

出店情報はInstagramで発信していますので、興味のある方はぜひフォローをお願いします

 とっておきの自家焙煎コーヒー、コーヒーのお供をご用意してお待ちしております!

 

 

関連する記事はこちら

【2年経って実感】イベントでのコーヒー販売をするにあたって買ってよかったと思うもの - オータクログ

副業の確定申告はいくらからする必要があるのか - オータクログ

【焙煎士のおすすめ】コーヒー生豆が買える通販サイト3選 - オータクログ

【厳選】製菓材料が買えるおすすめの通販サイト5選 - オータクログ