オータクログ

コーヒー・筋トレ。自分で調べて実践したことの備忘録です。

副業の確定申告はいくらからする必要があるのか

確定申告書類

※2021年01月17日、記事を更新しました。

 

「会社員で副業としてコーヒーの販売を始めようと考えているんだけど、もし売れたら確定申告とかしなきゃいけないのかなぁ?しないといけないとしたらどれくらいの売上になったらする必要があるんだろう?誰か知ってる人教えてー」

 

そんなことを考えているみなさんこんにちは。

週末コーヒー屋のオータクです。

 

好きなことで副業を始めるのはいいのですが、そこでついて回るのがお金の話。

 

副業を行うには何かを販売するだけではなく、お金やその周りのルールを知っておく必要があります。

 

そのルールの一つが税金。

 

会社員の方であれば会社が年末調整をしてくれるので、そもそも確定申告をしたことがなく、いくらから申告すればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、実はファイナンシャルプランナーの資格を持っているオータクが、

  • そもそも確定申告とは何なのか
  • いくらから確定申告が必要なのか
  • 確定申告を怠ったらどうなるのか

などをできるだけ簡単にご紹介していきます。

 

 

そもそも確定申告って?

確定申告とは簡単に言うと、1月1日から12月31日までの所得と収める税額を計算し、翌年の2月16日~3月15日の間に自分で税務署に報告・納税することです。

 

報告は税務署に直接行くか、インターネット上で行うかを選ぶことができます。

  

副業の確定申告はいくらから?

副業の所得が20万円を超えると会社が行ってくれる年末調整とは別に、自分で確定申告をする必要が出てきます。

 

所得とは

売上などの「収入」から、仕入れや手数料などの事業に必要な出費などの「経費」を引いた金額のこと

所得の計算

 

 

何か所から雇用されて給与の支払いを受けているかで少しルールが変わります。

確定申告が必要な人

 1か所から給与を受けている場合は、副業所得が20万円を超えていれば確定申告が必要とわかりやすいのですが、2か所以上から給与を受けていて、さらに副業所得がある場合は少し複雑になるので少し注意が必要です。

 

2か所以上から給与の支払いを受けている方の場合は、

 

年末調整されなかった方の給与+副業所得

 

が20万円を超えていれば確定申告が必要となってきます。

 

副業の所得が20万円以下の人は何もしなくていい?

「じゃあ副業の所得が20万円以下の私は関係ないね!ラッキー!」と思った方、残念ですがそんなことはありません。副業を始めた時点で、何かしらしなければいけないことが出てきます。

 

ここからは「こんな人はこれをしなければいけませんよ」ということをご紹介します。

 

副業の所得が20万円以下のでも住民税の申告は必要

副業の所得が20万円を超えない場合、確かに確定申告は不要です。

しかし、これは「所得税」の話で、「住民税」の申告は副業の所得が20万円以下でも行う必要があります。

 

申請先はお住まいの地域の役場や役所です。

「住民税 申告 ○○市」などで検索すれば申請書をダウンロードできる自治体もあります。

収入や控除に関する書類など必要なものもあるので、窓口に行くか、電話で確認してから行くのがベストです。

 

副業の所得が20万円以下でもこんな人は確定申告が必要

副業の所得が20万円以下でも、確定申告が必要な場合があります。

 

  • 年間給与収入が2000万円以上の方
  • 医療費控除を受けようと考えている人
  • 寄付金控除を受けようと考えている人
  • 住宅ローン控除を受けようと考えている人
  • ふるさと納税した人

 

当てはまるものがあれば、副業の所得が20万円以下でも確定申告が必要になってきます。

 

もし確定申告を怠ったらどうなる?

うっかり確定申告を忘れてしまった、わかっていて意図的にしなかった場合はペナルティが課されてしまいます。

 

関わりたくないかもしれませんが、知っておくとことで頑張れる方もいるかもしれない(笑)のでどんなペナルティがあるかをざっくりご紹介しますね。

 

  • 無申告加算税(申告期限までに申告しなかった場合に課される罰金)
  • 延滞税(納付期限までに納付しなかった場合に課される罰金)
  • 重加算税(悪質な隠ぺいまたは偽装があったと認められたときに課される罰金)
  • 青色申告を取り消される場合も(青色申告者の場合)

 

せっかく稼いだのにペナルティで罰金を取られてしまったらもったいないですよね。 確定申告は決まった期限内に申告、納付するようにしましょう。

 

まとめ

この記事で大事なポイントは以下の3点です。

 

  • 副業の所得(収入ー経費)20万円を超えたら確定申告が必要
  • 副業の所得が20万円を超えなくても住民税の申告は必要
  • 確定申告を怠るとペナルティがある

 

副業であっても事業は事業なので、どうしてもややこしいお金のことが関わってきます。

しっかりとルールを把握して、必要な税金は払い、いらない罰金を払うのは避けるようにしましょう。 

 

 

徳島県のマルシェで「EncounterCoffee」という名前で自家焙煎コーヒーを販売しています。

コーヒーのことや副業のことなど、「話を聞いてみたい!」ということがあれば、私の分かる範囲でお答えしますので遊びに来てもらえたら嬉しいです!

出店情報はInstagramで発信していますので、興味のある方はぜひフォローをお願いします

 とっておきの自家焙煎コーヒー、コーヒーのお供をご用意してお待ちしております!

 

 

関連する記事はこちら

【2年経って実感】イベントでのコーヒー販売をするにあたって買ってよかったと思うもの - オータクログ

【経験したものだけ】コーヒーが趣味の方におすすめの副業を4つご紹介 - オータクログ

【コーヒーにハマった人へ】コーヒーの販売を始めるためにすること。 - オータクログ