オータクログ

私が学んできたことの備忘録

ベースブレッドは一食に何袋?一日何個?個数の悩みを徹底解説

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

「ベースブレッドを試してみたいけど、一食何袋分購入すればいいんだろう?」

「1食2袋だと多そうだから、1袋だけでもいいのかな?」

 

ベースブレッドを始めて購入する際、いくつ購入すればいいのか悩んでしまいますよね。

3年ほどベースブレッドを継続して購入し続けている筆者ですが、最初は同じように「何個買ったらいいんや?」と悩んだ記憶があります。

 

そこでこの記事では、ベースブレッドは一食で何袋食べればよいのか、一日に何個食べてよいのかなど、個数に関するお悩みに答えていきます。

 

「ベースブレッドを何個購入すればよいかわからない…」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください!

 

◆ベースブレッドをお得に購入したい方はこちらの記事も要チェックです!

o-takulog.hatenablog.jp

 

 

ベースブレッドは1食で何袋食べればいいの?

結論からお伝えすると、ベースブレッド1食あたりの個数の基本はあるものの、最終的には人それぞれ自分に合わせて変えてOKです。

なので、自分が食べられる分、食べたい分を購入すれば問題ありません。

 

ここからは、ベースブレッドの基本的な考え方や、食べ過ぎた場合にどうなってしまうのかを解説します。

基本的には1食2袋

ベースブレッドは、基本的には1食に2袋食べることが推奨されています。

 

なぜなら、ベースブレッドは2袋で1日に必要な栄養素の1/3を摂取できるよう作られているためです。

 

そのため、仮に1日1食をベースブレッドに置き換えて10日分買うのであれば20個、20日分買うのであれば40個購入すればよい計算となります。

2袋が多そうだと感じる場合は1袋だけでもOK

ただし、絶対に1食2袋食べなければならないわけではなく、1袋だけでも問題ありません。

 

1袋しか食べないと1日に必要な栄養素の1/3は摂取できませんが、その半分の1/6は摂れるため、栄養バランスを整えるという意味では役立ってくれます。

 

個人的にはベースブレッドは1袋でも結構な量ですし、お値段もそこまで安いものではないため、1食1袋で十分じゃないかなと思っているのが正直なところです。

あんまり食べても飽きるのが早くなりそうですしね。

 

とりあえず初回は1食1袋分購入し食べてみて、ご自身の満腹感や財布と相談して2袋にするかどうか決めるのがよいと思います。

1食で3袋以上食べるのはNG?

1食で3袋以上食べることは必ずしもNGというわけではありません。

 

ただし、2袋で1食分として作られている商品なので、カロリーや糖質・脂質など、全体的に栄養を摂りすぎになってしまう恐れがあります。

そのため、基本的には1食2袋までを推奨します。

 

ただ、アプリなどで栄養を管理しており、3袋以上食べても過剰に摂ってしまった分の栄養素をほかの食事で調節できるのであれば、大きな問題にはなりません。

 

3袋以上食べても自分で調節できるのであればOK、できないのであれば1食2袋までにとどめておくのが無難でしょう。

 

◆ベースブレッドのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ベースブレッドのカロリーは高い?外食・コンビニ食と比較してみた - オータクログ

ベースブレッドは1日に何個まで食べていいの?

ここまでベースブレッドの1食分の個数の話をしてきましたが、ここからは1日分の個数の話をしていきます。

 

基本的には何個食べても問題ないのですが、いくつか注意点があるため見ていきましょう。

自分の体に合った量であれば何個でもOK

ベースブレッドに1日の摂取上限は決められていないため、何個食べても問題ありません。

 

ただし、栄養バランスの整ったパンではありますが、他の食事と同様に食べすぎると肥満などの原因となってしまうため、自分の体に合った量に抑える必要はあります。

 

自分の体に合った食べ物の量は、厚生労働省が発表する「日本人の食事摂取基準」で確認できます。

 

とはいえ、資料を1つずつ確認しながら食事を考えるのは大変すぎます。やってられません。

そのため「あすけん」や「カロミル」などのアプリを使って栄養素を計算しながら、その日に食べていい個数を管理するのがおすすめです。

 

あすけん ダイエット・ヘルスケアのカロリー計算や体重管理に
あすけん ダイエット・ヘルスケアのカロリー計算や体重管理に
開発元:asken inc. (Tokyo)
無料
posted withアプリーチ
カロミル - ダイエット、カロリー&PFC管理の健康アプリ
カロミル - ダイエット、カロリー&PFC管理の健康アプリ
開発元:Life Log Technology, Inc.
無料
posted withアプリーチ

1日6個(3食分)食べれば完璧な食事になる?

ベースブレッドは1食2袋で1日に必要な栄養素の1/3になるため「6個(3食分)食べれば完璧じゃん!」と考える人もいるかもしれません。

 

ただ、実際には完璧な食事になるかは微妙なところです。

なぜなら、ベースブレッドには不足する栄養素があるためです。

 

ベースブレッドチョコの栄養素

画像を見ていただくとわかるように「脂質」「飽和脂肪酸」「炭水化物」「ナトリウム」が基準値よりも少なくなっています。

この理由を、ベースフードは以下のように説明しています。

 

栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

出典:完全栄養食 BASE FOOD (ベースフード)

 

 

つまり、これらの栄養素はほかの食事で摂りすぎの傾向があるから、少なめにしといたよーってことですね。優しい。ジェントルメン。

 

というわけで、ベースブレッドを1日6個食べたとしても、完璧な食生活になるかというと微妙です。

 

このような情報から、ちゃんと普通にいつもの食事を食べつつ、1食または2食をベースブレッドに置き換えるのがよいのでは?と個人的には感じます。

 

ベースブレッドの賞味期限は?

ベースブレッドをいくつ購入するか考える際、1食何袋食べればよいのかと同時に、賞味期限も知っておく必要があります。

 

賞味期限を知らずに買いすぎると、賞味期限が切れてしまい、食べられないという恐ろしい現象が起こってしまうためです。(当たり前ですけどね)

 

ベースブレッドの賞味期限は、公式サイトによるとお届け希望日から1ヶ月程度とのこと。

実際に最近注文したものを確認すると、6月13日に届いたものの賞味期限が7月20日だったので、ほぼピッタリ1ヶ月くらいですね。

 

 

そのため、ベースブレッドを購入する際は、1ヶ月で食べ切れる量を購入するようにしてくださいね。

 

◆ベースブレッドの賞味期限が切れそうになった場合は冷凍保存も可能です。

ベースブレッドは冷凍保存可能!解凍方法・味わい・注意点を解説 - オータクログ

ベースブレッドは1食あたりいくらになる?

ベースブレッドを購入するにあたり、値段がどれくらいかかるのかが気になる方も多いはずです。

 

そこでここからは、ベースブレッドを1食あたりいくらになるのかをご紹介します。

1食1袋の場合

ベースブレッドを1食1袋食べた場合、かかる金額は168円〜298円です。

1食を1袋で済ませられるのであれば、コンビニ食などの外食と比較するとかなり食費を節約できるはずです。

 

仮に1日1食をベースブレッドに置き換えて月に20日食べた場合、月間で3,360円〜5,960円かかる計算となります。

 

金額に誤差があるのは、購入する場所やベースブレッドの種類によって値段が異なるためです。

 

ベースブレッドの購入場所・種類による値段の違いは以下の通りです。

 

  店頭価格

公式サイト初回

(20%割引)

公式サイト2回目以降

(10%引き)

プレーン 248円 168円 189円
チョコ 268円 184円 207円
メープル 268円 184円 207円
シナモン 268円 184円 207円
カレー 299円 208円 234円
ミニ食パン(プレーン) 268円 184円 207円
ミニ食パン(レーズン) 298円 208円 234円
リッチ 268円 184円 207円

 

少しでもお得に購入することを考えるのであれば、公式サイトで購入することをおすすめします。

1食2袋の場合

ベースブレッドを1食1袋食べた場合、かかる金額は336円〜596円です。

最近の物価高を考えると、これでもまだ一般的な外食と比較して値段が安いのではと思います。

 

仮に1日1食をベースブレッドに置き換えて月に20日食べた場合、月間で6,720円〜11,920円かかる計算です。

 

参考として、同じ種類のベースブレッドを2袋購入した場合の、場所・種類による値段の違いを貼っておきます。

 

  店頭価格

公式サイト初回

(20%割引)

公式サイト2回目以降

(10%引き)

プレーン 496円 336円 378円
チョコ 536円 368円 414円
メープル 536円 368円 414円
シナモン 536円 368円 414円
カレー 598円 416円 468円
ミニ食パン(プレーン) 536円 368円 414円
ミニ食パン(レーズン) 596円 416円 468円
リッチ 536円 368円 414円

まとめ

ベースブレッドは1食2袋を基本とするものの、1袋にしても、3袋以上にしても問題ありません。

要は、自分の体に必要な栄養の量が分かっており、それに合わせる形であれば何袋食べても大丈夫です。

 

絶対この個数を食べなきゃダメというのがガチガチに決められているわけではないため、初めて購入する場合は1食1袋から始めてみて、必要に応じて次回から増やしていくというのが一番失敗しにくいパターンかなと思います。

 

とりあえず無理なく始めてみて、体や財布と相談しながら個数を調整していきましょう。

 

 

o-takulog.hatenablog.jp

 

関連記事

ベースブレッドを一回だけ購入する方法は5種類!最もお得なのは? - オータクログ

【損しない?】ベースブレッドを定期購入したときの値段を徹底調査! - オータクログ

ベースブレッドの定期購入(サブスク)とは?メリット・注意点を解説 - オータクログ

ベースブレッドの継続コース(定期購入)が届く頻度は?変更・スキップ・解約も可能? - オータクログ

ベースブレッドの送料は?配送料を無料にする3つの方法を解説 - オータクログ